本文へ移動

スタッフインタビュー

今まさに「介護老人保健施設ぺあれんと/地域コミュニティスペースふぁみらんど」で活躍している先輩スタッフの生の声をお届けします。仕事内容や魅力、やりがいなど語ってもらいました。

介護福祉士

介護福祉士 1年目
 
Q.このお仕事を選んだ理由は何ですか?
ぺあれんとを選択した理由は、託児所もあり子育てをしながらでも働きやすい環境があり、お仕事説明会に参加した際、スタッフもキラキラと見えたからです。勤務時間も様々パターンがあり、柔軟に対応をしてもらえそうと思いました。
 
Q.実際に働いてみていかがですか? 
急に子供が熱を出すことがあっても、柔軟に対応してもらえています。また、外部講師の介護技術などの勉強会にも参加でき、学んだことを実践し、上手にできた、役に立った、利用者さまに喜んでもらえた時、とてもやりがいを感じて働けています。
 
Q.今後の目標を教えてください
まだまだ勉強中ですが、その方お一人お一人にあったケアを考え行っていく、どんな時も利用者さまに寄り添えるスタッフになりたいと思います。どんな時も笑顔で元気に!

支援相談員

理学療法士

理学療法士 2年目
 
Q.ぺあれんとで働いていて良かったと思うことはありますか?
多職種やご家族さまとの情報共有をしっかり取りながらお一人お一人にあったケアを行える環境があります。先輩もとても相談しやすく、また動機とも練習をし合ったり、悩みを相談し合ったりと、日々勉強です。
 
Q.どんなところにやりがいを感じますか? 
デイケアで行っている「私の予定表」という個々に合わせたスケジュールにて利用者さまが自主的に行動されている姿に驚きを感じています。また、自宅へ帰られて環境確認で訪問した際、「これはリハビリでしっかりしたから大丈夫!」と自信を持って作業される姿を見ると、この仕事をしていて良かった、と、とても嬉しく思います。
 
Q.今後の目標を教えてください
小さな変化にも気づけ、目標を共有しながら、病院とはまた少し違う、生活に沿ったリハビリを提供していきたいです。

看護師 訪問看護

栄養士

ケアワーカー

ケアワーカー 1年目
 
Q.ぺあれんとを選んだ理由、また実際に働いていかがですか。
ぺあれんとで働いている友人に勧められ、お仕事説明会に参加しました。話を聞いていた通り、働きやすくて良い職場でした。利用者さまもスタッフも笑顔が多く、明るく穏やかな雰囲気の中で働けることに幸せを感じています。また、施設だけでなく、自分自身のスキルとなる研修も充実しています。
 
Q.やりがいを感じること、大切にしていることはなんですか? 
こちらからの挨拶やお声がけに対して、目と耳と心の”聴く”姿勢を、皆様がして下さることがいつも嬉しく、さらに一生懸命がんばろうという気持ちになります。自分や家族がされて嬉しいこと、嫌なことを考えて行動をとるよう、心掛けています。笑顔は伝染します。不安や悩みがある中、1日1回でも笑顔が広がり、幸せな時間を過ごせる空間にしていきたいです。

介護福祉士

介護福祉士 13年目
 
Q.ぺあれんとの特徴を教えて下さい。
ぺあれんとの理念、基本方針、高齢者への誠実なケアとその実践にはとても共感出来ます。最近は介護の仕事はもちろん、色々な事に関わることが増え、モチベーションも上がり、とても楽しいです。通所リハビリテーションでは、入浴介助と排泄介助を同性介助で行っています。他施設にはないとても魅力的なことだと思います。年齢の若い利用者さまが多い中、尊厳を守り大切にすることはとても素晴らしいことだと思います。
 
Q.今後も目標を教えて下さい。 
人と関わることがとても好きなので、常に相手に寄り添い、思いやりを持って接することを大切に日々過ごしています。自分自身も常に目標を持ち、向上心を持って、何事にも前向きに取り組む姿勢を忘れずに、また10年以上経ち、現在は教える立場になることも多いので、周りに目を配りながら、責任感を持って挑んでいきたいです。スーパーポジティブ!

看護科長

看護科長 6年目
 
Q.ぺあれんとの特徴を教えて下さい。
当施設はご利用者さまを中心に、円で囲むように多職種で手を繋ぎながら体制づくりを行っております。各職種がより専門性を発揮しながら、職種の垣根を越えてチームとしてサービスの提供を行うことで、質の向上に繋がっております。
 
Q.看取り看護とはどういうものですか? 
多死時代を迎え、在宅復帰、在宅支援はもとより、在宅支援の結果としての看取りの強化が求められ、当設でも看取りを行っております。 利用者さま、そのご家族との信頼関係の基盤があって、思いに寄り添い、生ききることを支援させていただきながら、看取りを行うことからの学びは計り知れず、たくさんのものをいただくことができております。これは職員のやりがいにも繋がっています。 人生最終段階をどこで迎えるのか、家族間での話し合い、地域での看取りに対する理解不足を感じる時があります。老健は地域包括ケアシステムの拠点となり得り、地域への発信は今まで以上に必要性を感じているところです。

介護科長・介護福祉士

介護科長・介護福祉士 18年目
 
Q.仕事をする上で大切にしていることはありますか?
何よりも大切にしているのが、私たちの理念である尊厳の保障です。 ユニットケアの手法を取り入れているぺあれんとでは、ご利用者さまの暮らし、お一人ひとりの暮らしを大切にするケアに取り組んでいます。平成19年からはユニットリーダー研修施設になり、個別ケアを深く学ぶことが出来ています。それを元にいろんな取り組みをしているところです。 私自身、集団ケアをしていた時は、すごく嫌でした。無理やりのトイレ誘導や入浴介助、食事ケアを、これまでと違いご利用者さまの暮らしに視点を置くことで、美味しい食事、心地良いお風呂、恥ずかしくないトイレという、当たり前のことが実現できるようになりました。
 
Q.どんなところにやりがいを感じますか?
すごく苦労することもたくさんありますが、ご利用者さまの生き生きと過ごされている姿を見ると、諦めずにがんばってきて良かったと、職員みんなで喜びを分かち合うことが出来ていると思います。それがぺあれんとのチームワークの良さにも繋がっているのではないかと思います。 介護職の道を選んだ時の「やりたい介護」ができるのはぺあれんとだからこそ、と思います。
TOPへ戻る